CULTURE
カルチャー

「チーム力」と「人間力」を育み、さらなる「挑戦」を生む
ユースグループ独自の文化や風土をご紹介します。

Win-win-win

win-win-win イメージ

人材企業の多くは顧客担当と、スタッフコーディネータを分業していますが、ユースグループは一人の担当者に両方を任せます。一気通貫のワンストップサービスにこそ、企業・人材、双方の満足の追求することができると考えるからです。これにより、人材戦略から求人媒体の分析、真のマッチングが可能に。深い理解と広い視野を持った、両者をつなぐパートナーとして3者のWin-win-winを実現する未来に挑戦していきます。(アクションポリシーより)

委員会制度

委員会制度 イメージ

「委員会」は、自分が所属する部署や拠点の垣根を超えて、各テーマに沿って組織化された社内プロジェクトです!テーマは「新卒採用」「人材育成」「広報」「社内新聞」「顧客満足度」「業務改善」など様々。それぞれ数名から十数名で構成され、経営の一端を担うプロジェクトとして企業の改善・進化を推進していきます。社員が自らアクションを起こし、年齢や経験関係なく、フラットに議論できる場として、ボトムアップ型のチームを目指しています。

100BOSS

100BOSS イメージ

「100人の経営者を輩出しよう!」という目的で企画された社内ベンチャー制度、通称「100BOSS」。参加希望者を社内から募り、経営に関する勉強会を隔週で開催しています。新規事業の立案はもちろん、競合や市場のリサーチ、計画表、試算表の作成など、起業に向けた実践の場として、アイデアを具体的なカタチにしていきます。実際に100BASSから、保育事業や保険事業が立ち上がった実績があります。日々の仕事での気づきを新たなビジネス繋げる、挑戦のチャンスがここにあります!

ヨンパチ会

ヨンパチ会 イメージ

キャリアのステップアップを目的に、各ポスト、役職などに就くための事前勉強会「ヨンパチ会」を定期的に開催。主に、ステップアップ後の業務に素早く対応できるような内容になっており、マネジメント研修や、拠点長としてのお作法を学ぶことができます。また、「より良い人材サービスとは?」といった議題を持ち寄ったり、新たなビジネスモデルや事業戦略をテーマにディスカッションすることで、経営視点を養う研修も行っています。参加者は希望者のみなので、昇進に意欲的な社員が真剣に取り組んでいます。

社長賞

社長賞 イメージ

月に一度、全社員が一堂に会する総会では、総勢約120人がイベント会場に集まり、成績の優秀なMVP社員を表彰します。「社長賞」の基準は、数字目標と、仕事に向き合う姿勢。そのため、日々の業務を身近で見ている拠点長から受賞者をノミネートしてもらいます。最終選考で社長から選ばれると、感謝と栄誉を込めて、インセンティブ(金一封)が贈られます。

Visions

Visions イメージ

全国に拠点を持つユースグループでは、社員一人一人の毎日の仕事を共有するため、社内SNS「Visions」を情報のプラットフォームとして活用。業務内容や、お客様とのエピソード、気づきなどを、1日の締めくくりとして毎日投稿します。「いいね!」や「ファイト!」といったスタンプ機能や、コメント機能もあるので、拠点・部署間を超えて、先輩・同僚・後輩との交流が増えています。

社員旅行

社員旅行 イメージ

全社員が参加する社員旅行。成績優秀者と役職者が参加できる研修旅行もあるので、頑張ってチャンスを掴んでみてください!

社内木鶏会

社内木鶏会 イメージ

木鶏会は、月刊誌『致知(ちち)』をテキスト教材に、人間学を学ぶ社内勉強会です。テキストに掲載された著名人のインタビュー記事を読み、その感想をメンバー同士で発表しあいます。「美点凝視」という、お互いの長所を見つめて認め合う精神で取り組むため、人を尊重する力が身につきます。実はこの木鶏会、全国1,200社を超える企業で導入されている結構有名な研修ですよ。人間的な成長なくして、技術的な進歩なし!一緒に、器の大きな人を目指しましょう!