2

INTERVIEW 社員紹介

福岡支店 営業部
村田 理子

すべて求職者にとって、
心の拠り所になれる。

インタビューの様子

あれは何の面接だったのか(笑)?

製造、物流、オフィスワーク業務を中心に、人材派遣の営業をしています。シンプルにいうと、働き手を探している企業さんと、仕事を探している人を繋げる仕事です。お互いの希望や、労働条件、相性を照らし合わせながらマッチングさせる。時には、双方が歩み寄れる「第三の解」を提示することも間に立つユースの大事な役割です。なんて、今でこそ仕事内容を胸張って語れるようになりましたが、就活をしていた当時は正直何をやっているか会社かわかりませんでした(笑)。偶然、ナビサイトで目にした「社員同士の仲良さそうな写真」に心奪われてエントリー。説明会や座談会でお会いした社員さんたちも本当にフランクで…、極めつきは役員面接でしたね。趣味のライブ鑑賞の話で盛り上がったことしか記憶にない。一体あれは何の面接だったんだろう(笑)。けれど、そんな温かく接してくれる社員さんの人柄と、風通しの良さそうな社風に惹かれて、私はこの会社に入社することを決めたんです。

インタビューの様子

働い口を探すだけが答えじゃない。

昔から大の世話焼き。「人の役に立ちたい」そういった意味では、この人材派遣にも通ずるところがあります。2020年、新型コロナウイルスの感染が拡大。経済はストップし、多くの人が職を失いました。同時に、仕事を求めてユースに訪れる方が急増。しかし、どの企業さんも状況は同じですから、受け入れられる派遣スタッフの数にも限りがあります。困っている人を目の前に、仕事を紹介してあげられない。そんな無力感に押しつぶされそうでした。そんな時、「立ち止まってもいいから、ちゃんと助けを求めることが大事だよ」と、上司が声をかけてくれたんです。「ピンチの時はヘリ乗って助けに行くから!」なんて、冗談を混じえながら(笑)。それを聞いて、張り詰めていた緊張の糸がほどけました。そして、上司が私にしてくれたように、話を聞いてあげることが求職者の役に立つのではないか、そう気づいたんです。それから、一人ひとりの人生に寄り添ったコミュニケーションを心がけました。今生活に困っているのか、将来が不安なのか、新しい仕事に挑戦したいのか。仕事を探している理由も人それぞれ。働き口を探すだけが答えじゃない。だからこそ、すべての求職者にとってユースは心の拠り所になれるはずなんです。今、私にできる全力をやるだけです。