INTERVIEW03

対話を重ねて、
真のマッチングを実現。

原 龍朗原 龍朗

人と深く関わる仕事がしたいと思って、営業職に絞って就職活動していました。最終的にユースを選んだのは、クライアントと登録スタッフさんの両方を1人で担当すると聞いて、営業職の中でも特に、大きな影響を与える仕事が出来ると感じたことが理由です。実際その通りだったのですが、やってみると大変でしたね(笑)。仕事を探している登録スタッフさんは、一人ひとりに希望する条件や制限があります。とは言え家探しと同じで、すべての条件を叶えられる仕事なんて存在しません。じっくりお話をしながら、ゆずれないのはどこか、どこまで歩み寄れるかを相談していきます。一方でクライアント側にも、エリアにおける人材マーケットの状況や相場観をお伝えしながら、条件をすり合わせていく。どちらかに無理をさせるのではなく、双方の歩み寄りでマッチングが実現した瞬間は大きなやりがいを感じますね。

今、ユースは企業として圧倒的な成長を遂げている最中です。そのプロセスに関われることは、私自身のモチベーションにもなっています。ただ、成長過程ということもあり、上の方々はとても忙しそう。まだまだ力不足ではありますが、少しでも早く成長して、上司や役員の負担を減らせるように頑張っていきたいですね。私たちの世代がユースを引っ張っていくような存在になることができたら、きっと今以上に強く魅力的な会社になっていると思うんです。社内外の皆さんから信頼されて、頼ってもらえるような存在になれるよう、これからも全力を尽くします。

OTHER INTERVIEWS

リクナビ2019

マイナビ2019